前へ
次へ

鍼灸治療ではどんなことをするのか

鍼灸治療はいろいろなことをすることになりますが、鍼は名前の通り、鍼を刺すことであり、灸は薬草的なものを身体に乗せてそれを燃やすことによって経穴を刺激するということになります。鍼灸治療と一緒に言われることがありますが鍼と灸とは明確に別の物になりますから必ずしも同時にやらないといけないということではないです。鍼などはどんなことに効果があるのか、といえばそれは例えば腰痛などです。関節痛などに鍼灸治療などに関してはこうした疾病などに効果があるといえるので、もしそうした症状であれは鍼灸院などにいってみるとよいでしょう。そうしたところで治療をしてもらうことで改善することがあります。鍼を指すということになりますと痛いと考えるでしょうが日本の場合は筒などを用いて可能な限り、痛くしないように、ということになっています。ですから、子供でもそんなに痛みで悶えるとかそんなことはないですから安心して受けることができることでしょう。

Page Top