前へ
次へ

邪気を取り除く鍼灸治療

医療においては、内因・外因のみならず『不内外因』もあり、複雑な病気や症状が起きたり、こじれたりします。現代医学でいうウイルスや細菌という感染症(急性病)を鍼灸治療にて治癒させるのは、意外にも困難である声も耳にします。それでも、季節の変わり目や気候の変化において、人は精神的ストレスを感じるようです。そのストレスが原因で起こる病気と症状に、鍼灸治療は驚くほど効果をあげています。代表的なのでは『鬱』ですし、『脱毛症』であったり『生理不順』などで、そうした病気に対する臨床例も数多く、喜びの報告も聞かれています。鍼灸治療は、古くから行われています。寒や暑、熱や火という邪気が病の根源にあり、風の邪気はいわゆる風邪を引き起こします。風門からウイルスが入り込み、風池から風府という後頭部のツボに集まり、風邪をこじらせてしまいます。身体にいったん入ってしまうと、気の流れ(エネルギー)で身体を巡ります。そして滞ることで風邪(病気)として診断されます。経絡の流れよりも気にすべきは、経穴です。そこをピンポイントに刺激できるのが鍼灸です。

Page Top